女性のための高級賃貸ABC

TVで評判のタワーマンションを大特集

高級賃貸物件の相場を決める要素

高級賃貸マンションの賃貸価格はどんな要素で決まっているのか?

毎年のように建設される賃貸高級マンションには次々と新しい機能やサービスなどが追加され、居住者の生活の利便性に大きく貢献しています。
そんな高級賃貸物件の相場はどんな要素で決まるのでしょうか。
その要素として考えられるのが、土地などの立地環境、管理体制やサービスです。

立地環境の良さが決定的な要素

高級賃貸に欠かせないのが職場やデパートなどの商業施設に近いことですから、土地や立地環境に対してこだわっている賃貸高級物件は多くあります。
また、それ以外にも欠かせないのが公共交通機関への近さです。
特に都心部であれば公共交通機関として電車、地下鉄、バス、タクシー、そして自己所有の車が利用が考えられ、特に電車や地下鉄まで徒歩数分、距離にして数十メートルから数百メートルで移動できる賃貸高級物件が多くあります。

次に来るのがコンシェルジュなどのサービス要素

また、家賃相場に影響を与えるものとして、管理会社による独自のサービスがあります。
特にエントランスに受付を設置し入居者へのサービスを行うコンシェルジュは、不在時の郵便物や宅配の受取から、映画・ライブ・コンサート、レストラン、空港などの公共交通機関、近隣の病院、各地のホテルなどの情報や予約などにも対応していることから、今では「高級」の名のつく賃貸マンションに欠かせないサービスとなっており、それまでの賃貸高級物件とは一線を画しています。

そして最後にセキュリティーに関する要素があります

一般的な賃貸マンションであれば、オートロック、防犯カメラ、TV付きインターホンなどが基本的なセキュリティシステムとなっていますが、これらの賃貸高級マンションの場合ではそれらに加え、警備会社との契約での24時間体制の警備・駐在、さらにドアロックでは特殊な鍵を使ったり、指紋認証などを行う物件もあるのです。
これらの高級賃貸マンションは多くの場合、独身者や単身世帯向けのものとなっており、その相場は月額で約60万?130万円となっています。